潮干狩りで採った貝の持ち帰り方はどうする?車で長時間移動の保存は?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
潮干狩り 車で持ち帰り方法 海遊び
この記事は約5分で読めます。

潮干狩りで採った貝を車で長時間移動する場合、保存方法に悩む方も多いのではないでしょうか?

潮干狩りは、春の楽しいレジャーの一つです。

友人や家族と夢中で潮干狩りをして、帰りがけに「これどうやって持ち帰ればいいの?」「なんかヌルヌルで匂うんだけど」と困ったことはありませんか。

今日は、潮干狩りで採った貝を車で持ち帰る方法について、いつも私がやっている保存方法をご紹介します。

注意:潮干狩りに行くときは、潮干狩りをする海水浴場のルールを確認してから行きましょう。貝を採ってもいい場所や、貝の大きさが決まっています。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

潮干狩りで採った貝の持ち帰るために準備するもの

私が潮干狩りへ行くときに、いつも準備していくものは下記の6つです。

採った貝を車で持ち帰るためには、クーラーBOXか魚屋さんの発泡スチロールの箱は必須アイテムです。

わざわざ買うのはもったいない!という場合は写真のような桶でも大丈夫です。

写真は市場で売っていたアサリです

ポリタンクに水を入れて持っていく理由は、砂を落とすために使ったり、貝のヌメリを洗うためです。

新聞紙は貝を包むときに使います。

潮干狩りの貝を長時間持ち帰るときは、ペットボトルを凍らせて持って行っていますが、帰りがけにコンビニで氷を買ってもいいと思います。

1,クーラーBOXまたはふた付き発泡スチロールの箱
2,ポリタンクに入れた水
3,大きめのレジャーシート
4,新聞紙
5,ビニール袋
6,水を凍らせた500㎖のペットボトルか氷

荷台をレジャーシートで海水と砂から守ろう

車の荷台は、海水や砂がこぼれる対策で、大きめレジャーシートを敷いておいたほうがいいです。

海水はともかく、砂がこぼれて大変なことになります。

スポンサードリンク

採った貝の下準備をしよう

潮干狩りも終えて、そろそろ帰ろうか?という時間になったら、採った貝の下準備をしましょう。このひと手間を怠ると、貝がすぐに傷んでしまったり、潮干狩りした海の規則違反になってしまうこともあります。

採った貝の大きさと量を確認しましょう

私がよく行く茨城県の海水浴場は、ハマグリとひらがいの大きさが3cm以上あるものしか持ち帰れません。

ペットボトルのキャップよりも大きいことが目安です。

また、1日に持ち帰れる量も決まっています。

潮干狩りをする海水浴場のルールを確認し、守ることでまた来年も潮干狩りを楽しむことができます。

茨城県のルールはこちら

千葉県のルールはこちら

採った貝が割れていないか確認しましょう

採った貝が割れてしまっている場合は、そっと海に返しましょう。

割れた貝を持ち帰っても、家に帰るまでに傷んでしまいます。

傷んだ貝は、悪臭とヌメリがでて、ほかの元気な貝を弱らせてしまいます。

割れている貝は食べないほうがいいですよ

採った貝の口が閉じるか確認しましょう

とった貝の口が開いていて、ツンツンと刺激を与えても口が閉じない場合も、家に帰るまで持ちません。

このような貝も悪臭やヌメリの原因となり、ほかの貝も弱ってしまいます。

見つけたら、海に返しましょう。

子供たちに、口が開いている貝をツンツンしてもらおう

潮干狩りで採った貝を洗いましょう

貝についたヌメリを取るために、真水で洗いましょう。

真水で洗っても、貝は口を閉じているので大丈夫です。

ぬめりをとっておいたほうが、臭いが少ないよ

スポンサードリンク

車で長時間移動する時の保存はどうする?

我が家は海まで車で1時間半から2時間かかります。

そのため、海に行くときはいつも魚市場で魚を買ったときに入れてくれる、発泡スチロールの箱を持っていきます。

年末に海産物をいっぱい買うので、その時のものを洗って物置にしまっておきます

クーラーボックスで持ち帰ることもありますが、私自身が魚介類のにおいが苦手で、なるべく発砲スチロールの箱を使うようにしています。

それでは私がいつもやっている、車で長時間移動する時の保存方法をご紹介します。

貝がぶつからないようにする

バケツのように縦長の容器に入れてしまうと、下になった貝が重さで傷んでしまいます。

あまりギュウギュウに重ならないように、洗った貝を入れます。

イメージはスーパーで売っているアサリのパックです

魚屋さんの発泡スチロールの箱が、大きさも高さもバッチリで便利なのです。

長距離移動の時は、海水たっぷりはやめましょう

また、海水をたっぷり入れた容器で貝を運ぶと、車の振動で貝が動きぶつかり合ってしまい、割れてしまったり貝が弱って死んでしまいます。

海水無しでぬれた新聞紙でつつむ

おすすめは、真水で洗った貝を濡らした新聞紙に包んで、冷やしながら運ぶことです。

海水がなければ貝は口を閉じているので、死なないです。
スーパーに売ってる貝も水に入っていませんよね。

新聞紙は、思いっきり濡らしても大丈夫です。

濡れた新聞紙に包む

ビニール袋にいれる。密閉しない

発泡スチロールの箱に入れる

氷や凍ったペットボトルで冷やす

ペットボトル凍らせるのが面倒な時は、コンビニで氷を買って冷やすといいですよ。

シーズン中はどこのコンビニも氷がいっぱい置いてあるよ

スポンサードリンク

潮干狩りで採った貝を車で持ち帰る方法のまとめ

潮干狩りで採った貝を、車で長時間持ち帰る方法をご紹介しました。

小さい貝や割れていたり、口が開いたままの貝を採るのはやめましょう。海から上がったら、面倒でも一度ぬめりをとってから、濡れた新聞紙に包み車の振動で貝がぶつかり合わないようにして、冷やしながら持ち帰りましょう。

準備万端にして、楽しい潮干狩りになるといいですね。

潮干狩りをする場所によっては、持ち帰れる貝の大きさが決まっています。県のホームページなどで確認して、ルールを守って潮干狩りをしましょう。

コメント