VIVANTモニターとは?テントの意味や別班との関係を考察

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
VIVANT
この記事は約5分で読めます。

日曜劇場VIVANTでは、国を守るためなら手段を択ばない別班の他に、テントというテロに関わる謎の組織が存在すること。さらにモニターと呼ばれる存在も明かされ関係が複雑になってきました。

VIVANTを考察するには『別班・モニター・テント』この3つの言葉の意味を抑えていないと始まりません。そこで今日はモニター、テント、テントのマークについて調べたことをかき出しました。

別班については、別記事で解説しています。

VIVANTは別班の聞き違いなのか考察!乃木のスマホVIVANは何?

スポンサードリンク
スポンサーリンク

VIVANT モニターとは?

VIVANTのモニターとは、簡単に言うと「自分の国を裏切る行動と思想を持つ人」です。

モニターと呼ばれる人たちは、日常生活を送りながら、誰か・テントの命令で活動しています。

「自分の考えに合えば、その首謀者に協力する」ため、公安や別班のメンバーのような芯となるものを持っていません。

VIVANTの作中では、テントの情報屋や実行犯の役割をしています。

今回の誤送金事件の実働者(犯人)がモニターの天才ハッカー・太田で、テントの命令で実行しました。

しかし実行後はモニターの山本に脅され、拘束・監禁され恨んでいました。

乃木の活躍で警察に発見・拘置された太田は、別班の保釈金で保釈され、別班の依頼で仕事を手伝います。

このように「自分の考えに合った」場合は敵対関係にあった相手の手助けもしてしまいます。

スポンサードリンク

VIVANT のテントとは

VIVANTのテントは犯行後にテントマークを残すだけで、犯行予告もしなければ声明文も出さない集団です。

そのため思想や信念が見えない、善なのか悪なのかわからない謎の集団といわれていました。

世界各地で犯行に及び、テロの後にはテントマークの旗を掲げ、公安の野崎(阿部寛)が追っている組織です。さらに乃木の友人・CIAのサムもテントの情報を集めていました。

テントを乃木卓が作った理由

元公安の警察官だった野木卓は、バルカ共和国で任務を遂行するため農業使節団の技術者として潜入し「ノゴーン・ベキ」と呼ばれ親しまれた。

しかし、スパイ任務がバレてしまい、助けを求めた公安に裏切られ、武装組織にとらわれた上に拷問で妻を亡くし、子供の乃木憂助は人身売買されてしまう。

銃殺された乃木卓は、急所が外れていたため瀕死の状態で武装組織で雑用係をしていたバトラカに命を救われた。

一命をとりとめた卓は憂助を探し回るが、間違った情報で死んだと伝えられ絶望。

生きる意味を失っていた時に、孤児で赤ん坊のノコルと出会い、生きる意味を見つけた。

ノコルやその後出会ったアディエルなど、孤児たちに食事を与えるために、元公安だった能力を生かし、バトラカが隣村などから護衛の依頼のを請け負い、資金を集めていました。孤児を養うために、武力行為を請け負っていたことがテントのスタートになる。

孤児を引き取り、食事を与えているうちに、どんどん人数が増えてしまいます。

そんな中、銃撃がずば抜けてうまかったピヨと出会い、軍事・武装集団を育成、会社を作るまでになった。

その時に、組織の名称を「テント」と名付けました。

テントの意味

日本ではキャンプの時にテントを張り、その下に家族や仲間が集う。テントは大切な人が集まる場所。

ノゴーンベキが作った孤児院・組織は、大切な人が集まる場所という意味を込めて「テント」と名付けました。

テントマークになぜ家紋を選んだのか

乃木家の家紋に似ているテントのマークは、バトラカが提案したものです。

テロ活動を請け負ううちに、依頼者から「犯行声明を出してほしい」と言われるようになりました。

テントは、依頼されてテロ行為をしているので、犯行声明なんてありません。

そこで、バトラカが提案した乃木家の家紋を模した「テントマーク」を犯行後に掲げるようになりました。

ノゴーンベキは、家紋を使うことをためらっていましたが、最終的にはバトラカの提案通り使用しています。

丸菱商事もテント?

丸菱商事の会社のロゴマークを放送で見た方はいませんか?

ドラマの中で丸菱商事のロゴを見つけることはできませんでしたが、テントの丸の中にひし形マークは単純に「丸菱」になります。

丸菱商事は、モニターだった太田がテントに誤送金したのではなく、テントの資金源をマネーロンダリングする企業なのではないか?と考察します。

スポンサードリンク

VIVANT 別班とテントの関係

別班は国を守るためなら手段を択ばない組織です。テントは野崎によるとテロ組織と言われていますが、違うように思うのは私だけでしょうか。

テントも別班も「何か」を守るためなら手段を選びません。

テントの「最終標的は日本」ということになっていますが、それはテント内に裏切者がいて、テントの資金と武力を自分のものにしようとしているのではないか。また、その手助けをしている「誰か」が別版の中にいるのではないか?と考察します。

スポンサードリンク

まとめ

VIVANTを考察するには『別班・モニター・テント』この3つの言葉の意味を抑えていないと始まりません。

別班:国を守るためなら手段を選ばない秘密諜報機関。

テント:孤児を守るために、テロ活動を請け負う組織。

モニター:日常生活を送りながら、自分の国を裏切る行動と思想を持つ人。そのため思想が合えば命令で誤送金を実行するなど、反社会的な行動をとる人。

謎が多く、展開が早いVIVANTから目が離せませんね。

コメント