君と世界が終わる日にシーズン5のネタバレ感想を最終回までお届け!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
君と世界が終わる日にシーズン5のネタバレ 君と世界が終わる日に
この記事は約11分で読めます。

君と世界が終わる日にseason5が2月9日に配信開始されます。

キミセカ最後のエピソードとなるシーズン5は、ユートピアのタワーで繰り広げられる、もう一つの戦いにかつての仲間たちが参戦します。今回も衝撃の展開が待ち構えているようで、目が離せません。

そこで、この記事ではシーズン5を視聴した後に、ネタバレ感想を書いていきたいと思います。ぜひ皆さんの感想やご意見もお聞かせいただけると嬉しいです。

先ずは映画のネタバレを見てから、楽しんでいってください。

君と世界が終わる日に映画のネタバレ!

いや、他人の感想はどうでもいいわ!という方は、Huluでシーズン1から4まで独占配信中です。

気軽に視聴できるHuluの1か月クーポンがおすすめです。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

君と世界が終わる日にシーズン5 あらすじ

シーズン5は、人類最後の希望都市・ユートピアにたどり着いた明日葉(玉城ティナ)と佳奈恵(飯豊まりえ)、加州(溝端淳平)、海斗(前田公輝)、ゆら(佐野ひなこ)ら生存者たちの物語です。

ユートピアには、研究タワーともうひとつの塔があります。

研究タワーはゴーレムウイルスのワクチン開発を進める研究者たちの塔です。

もう一つの塔は、明日葉の元婚約者の冬馬(柿澤勇人)がリーダーとなって、政治家たちが集まり、法整備や秩序を作りつつ、文明を取り戻そうと奮闘していました。

もう一つの塔は「タワー」と「アンダー」二つに分けられています。

  • タワー:上層階に居住し、政治家や価値があると思われた人間が住める。
  • アンダー:地下の薄暗く湿った空間で生活。タワーに選ばれなかった人間が住む。
    映画で響が最初に潜入した場所も地下です。

明日葉の元婚約者の冬馬(柿澤勇人)によって、明日葉とゆらは「タワー」へ。そのほかの佳奈恵、加州、海斗は「アンダー」へ行くことになりました。

みどころ その1 恋の行方

注目はこの二組の恋の行方です。

  • 明日葉と加州の恋の行方
  • 佳奈恵と海斗の恋の行方

「彼らはユートピアを巡る最終決戦に巻き込まれ、やがて敵として再会を果たすことになるのです――。」

と、公式のあらすじにありますが、彼らとは果たしてどちらのカップルなのでしょうか。それとも、5人全員を彼らと呼んでいるのでしょうか。

みどころ その2 続投者の活躍

見どころは、それぞれのシーズンのグループリーダーが登場することです。

秋吉、結月は建物に居住していましたが、坪井は硫酸をかけられた後は不明となっています。おそらく坪井が地下に生存していて、シーズン5の戦闘のきっかけになるのではないか?と予想しています。皆さんはどう予想しますか。

  • 秋吉蓮(本郷奏多)
  • 坪井(小久保寿人)
  • 三原結月(横溝菜帆)

シェルター「希望の家」のリーダー秋吉蓮(本郷奏多)

シェルター希望の家は、建築中のリゾートホテルで、秋吉は経営者の息子です。タワーに入れる要素は持っています。

しかし、来美に恋心を抱き「おなかの子は自分の子」とうそをつきますが、ゴーレム化していると知るや否や謎の集団Xにあっさり来美を差し出すような人物です。

響と出会ったことで、リーダーとしての自覚を持てたようですが、どのような人物に成長してるでしょうか。

「刀集団」のリーダー坪井(小久保寿人)

「この狂った世界が、俺たちの全てじゃないか」というセリフが坪井の声に聞こえますので、おそらく硫酸をかけられた後に、ユートピアにたどり着いたのではないか?と思います。

坪井は、復讐に狂った男でしたが、もとは地元有力者の息子です。タワーに入り込める要素は持っています。

元「放浪グループ」で響の仲間の三原結月(横溝菜帆)

シーズン1からずっと響と行動を共にし、時には響の支えとなって過ごしてきました。

シーズン4で、光の紋章の教祖から次の教祖になってほしいと頼まれていました。その後、Xとの激闘の末教団の子供たちを守ることを決意、今は「光の紋章」のリーダーです。

きみセカシーズン5のオープニングBGMが変

きみセカシーズン4のオープニングBGMは、重みのあるロック調でした。

ファイナルシーズンの5は、大奥のような大河ドラマに流れるようなBGMに。これまで響の死闘や苦難をイメージさせるBGMだっただけに、違和感を覚えたのは私だけでしょうか。

明日葉と佳奈恵がダブル主役ということで、恋バナに注力するかのようなBGMにしたのでしょうか。

スポンサードリンク

君と世界が終わる日にシーズン5 1話のネタばれ感想

シーズン5は、生き残った5人がタワーとアンダーに分けられるところからスタートします。

ほぼ導入部分なので、加州・明日葉・海斗・佳奈恵の恋バナ的な展開と、タワーに子供がいる、タワーに彼がいる、という今後登場する人物の伏線の場面が多くあります。

また、タワーとアンダーに分けた理由について、『何度も秩序を守らない人の暴挙で危険にさらされたから、資格や地位などを持つ人間を「価値ある人間」とした』と冬馬が明日葉に語ります。そして明日葉を婚約者とする理由は、「ユートピアの創設者の娘」だからでした。

これから起こる不幸への伏線

大きな進展はありませんが、それぞれ大切な人を思う気持ちにスポットが当てられていました。

  • 加州 → 明日葉
  • 海斗 → 佳奈恵 

佳奈恵は、タワーに告白できなかった大切な彼がいるという美大生と知り合い、「大切な人は・・・」と等々力のことを話し、等々力の似顔絵を書いてもらいます。

タワーの警備係となった海斗ですが、佳奈恵を案じ度々アンダーへ様子をうかがいに来ます。物陰に隠れ、佳奈恵が等々力への思いを話す様子を、切なく、歯がゆい思いで見ていました。

袴田吉彦が、アンダーの監視役で出演。タワーの警備係に媚び、アンダーに威張るクズっぷりが板につくハマり役。

冬馬によって監禁された明日葉を案じ、アンダーから脱出を図る加州。

ゴーレムに噛まれたかのように腕を偽装し、ゴーレム化したふりをし、騒ぎをおこした加州は、袴田吉彦を追いかけ、タワーへ続く通路のドアを開けさせました。

加州はアンダーから抜け出し明日葉のもとへ向かいますが、冬馬に発見され左腕を撃たれとらわれてしまいます。

一方の明日葉も海斗の助けで、監禁された部屋から脱出しましたが、シーズン4で使者として登場した男に足止めを食らいます。

タワーとアンダーの判断基準

タワーとアンダーに分けられた基準は何だったのでしょう。

タワー行き

  • 明日葉・・・ユートピアを作った新山財団の娘で、現代表の議員の息子・冬馬から結婚を迫られている
  • ゆら・・・元OLだが、教員免許を持っていた
  • 海斗・・・新山財団の紋章が入ったバッジをどこからか手に入れ、持っていた。(おそらく明日葉の弟のもの)

アンダー行き

  • 佳奈恵・・・元女子大生
  • 加州・・・冬馬にとって邪魔者

スポンサードリンク

君と世界が終わる日にシーズン5 2話のネタばれ感想

冬馬と明日葉の距離が縮まる

明日葉は冬馬に「排除すするだけではなく、反乱を起こす理由を聞くべき」と諭します。ユートピアの人々を守るため、排除だけが生き残る道なのか疑問を持ち始めた冬馬は、明日葉の言葉に従いレジスタンスから理由を聞こうとします。

しかし、レジスタンスは隙を突き逃げ出し、漆原代表を撃とうと追いかけ、子供たちがいるのに銃を向けます。

ゆらはレジスタンスに撃たれる

明日葉の「レジスタンスの話を聞こう」という、命令でレジスタンスの女性は連行されますが、隙をついて逃げ、漆原を追います。

見つけるや否や、漆原の前には子供たちがいるのに、漆原代表を撃とうとします。

偶然現れたゆらは、子供たちを守るため前に立ちはだかり、撃たれて命を落としてしまいました。

またしても明日葉の甘さで、仲間を失ってしまいます。

佳奈恵を守る海斗

タワーへの潜入に失敗した加州は、囚われ再びアンダーへ戻され「みせしめとして処刑する」ことに。命令された富岡は、加州を椅子に縛り鉄パイプで殴り続けます。

見るに堪えなくなった佳奈恵は止めに入り、富岡から「夕暮れまでに一人で100キロ先にある工場から缶詰をもってこい」という条件を出され、向かおうとします。

一人で行かせるのが心配だった海斗は「佳奈恵が逃げ出さないように見張る」と言い、同行し、ゴーレムだらけの工場で佳奈恵を守りますが、ゴーレムに取り囲まれ大ピンチに。

ここで急にロケ地が、普通の住宅地や工場になってしまい、違和感がありました。

缶詰工場で結月と再会

缶詰を確保し、逃げる途中でゴーレムに追い込まれた加奈恵と海斗は、食料を調達に来た結月に助けられます。

教団・光の紋章のワンティーティ亡き後、リーダーを務めていた結月は、エネルギーと食料の枯渇問題を打開するために、一人でユートピアと食料を探しに来ていました。

ユートピアから来たという佳奈恵は、ユートピアの力を分けてほしいという結月に「思っているような場所ではない」といいますが結月は「たとえ違っていても、一緒に行く」とついていきます。

結月と佳奈恵が川岸の遊歩道で会話するシーンなのですが、普通に田舎のきれいな風景でこれまでのゴーレムに占拠された廃墟に比べると、ロケ地に雑さを感じてしまいます。

加州は見せしめで地下のゴミへ

缶詰を持ち帰ったのに、約束を反故にした富岡は「タワーの命令は絶対だ」と言い、加州を奈落の底へ突き落してしまいます。

しかし、奈落の底のゴミ捨て場に落ちても加州は生きていました。明日葉に会うことをあきらめない男の生命力は、ゴーレム並みではないでしょうか。

反乱軍「レジスタンス」のリーダーは坪井

奈落の底で加州を手当てしたのは、腕に赤い布を巻いたレジスタンスたちでした。

状況を呑み込めない加州の前に、現れたのは反乱軍・レジスタンスのリーダーとなった坪井です。左目には眼帯をし、刀を携えた坪井はどんな経緯と思惑でレジスタンスを率いているのか、まだ謎です。

スポンサードリンク

君と世界が終わる日にシーズン5 3話のネタばれ感想

佳奈恵は冬馬を人質に、漆原に交渉を持ち掛けるようです。そして、やっとお嬢様明日葉がアンダーへ降りてきます。

坪井を救ったのは新山会長

謎の集団Xとの戦いで、目に薬物をかけられた坪井のその後が明らかになりました。

片目をつぶされ、路頭に迷っていた坪井を明日葉の父・新山会長が救い、会長を守りながら生きていました。

しかし、漆原によって新山会長は殺されてしまい、その後は復讐のため「レジスタンス」となりユートピア解体のため活動していました。

レジスタンスに勧誘される加州

穴へ突き落された加州は、レジスタンスに助けられ生き延びていました。

加州の名前を聞いた坪井は、かつて新山会長が「明日葉には加州がついているから大丈夫」と言っていた言葉を思い出し、レジスタンスに勧誘します。

海斗が願うことは一つ

囚人グループで、極悪非道な兄と暮らしていた海斗が、佳奈恵と出会ったことでかなり人間らしい行動をするようになりました。彼だけ恋愛ドラマを演じているような錯覚に陥ってしまいます。

常に佳奈恵が生きることを望み、行動するようになった海斗は漆原が明日葉に出した条件「アンダー閉鎖に賛成すれば、かつての仲間をタワーへ呼んでもいい」という条件をのむように頼みます。

冬馬は自ら捕虜に

冬馬は明日葉の「他に道はないのか」という言葉に揺らぎながらも、レジスタンスを壊滅させるためアンダーへ向かう。

しかし、アンダーの住民を手当たり次第に拷問し、聞きだそうとするも手掛かりはつかめなかった。

傍若無人に探し回るうちに、アンダーとレジスタンスの反撃にあい、アンダー内を逃げ回ることに。そこで、残飯をあさる子供たちから食料も医薬品も満足に与えられていない現実を知る。さらに「食料をくれ」とすがる子供から逃げた拍子に、穴に落下してしまう。

穴の底には、多数の死体。恐怖と驚愕を味わう冬馬は、アンダーの現実を身をもって知ることとなった。

捕虜となった冬馬は、佳奈恵に「自分を捕虜とし、解放の引き換えに、アンダーへの配給増量を要求する」という案を持ち掛ける。

息子も見捨てる非道な漆原

明日葉を騙すために、新山派の柳に「レジスタンスの協力者」という罪をでっちあげ処刑してしまう漆原。

さらに佳奈恵から「要求をのまなければ、冬馬を殺す」とも伝えられた交渉を、あっさり「NO」という漆原。

さらに側近から問いただされても「冬馬は代表の器ではない」と切り捨てた。

明日葉がアンダーへ視察に行く

ゆらを銃殺され、加州は処刑されたと知らされた明日葉は、漆原と柳(新山会長派)の両方から、互いの悪事を吹き込まれ、「アンダー閉鎖」推進派の漆原につくか迷っていた明日葉。

しかし、新山会長の意思を継ぎ、明日葉が次期代表となることを願った柳は、自らの策で処刑され漆原の悪事を証明し、明日葉の目を覚まさせる。

決断を迫る漆原に「アンダーの現実を知ってから決断する」と言い、さらにアンダーの捕虜となった冬馬を救うために向かった明日葉は、そこで加州が生きていたことを知る。

冬馬がレジスタンスの坪井に刀で切られる寸前、現れた明日葉は加州の前で冬馬を「婚約者」と呼び、解放を求めた。

結月はどうなった?

結月は佳奈恵から「ユートピアは思っているような場所ではない」と言われ、現実を打開するため内情を探ることに。

携帯無線を持っていて、通信相手は「シェルター希望の家」の秋吉だった。

結月が率いる「光の紋章」も、秋吉率いる「シェルター希望の家」も、食料や燃料の枯渇問題に直面していた。

君と世界が終わる日にシーズン5 4話のネタばれ感想

次週は海斗に危機が訪れます。ゴーレムに追い詰められながら「佳奈恵に会えてよかった」と叫ぶ海斗。「海斗!」と叫ぶ佳奈恵の声。ここだけ恋愛ドラマのようです。

君と世界が終わる日にシーズン5 最終回のネタばれ感想

視聴次第、追記していきます。

コメント