ビリーブ君にかける橋で死んだ人は若松!竹内涼真が二役の謎とは

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
believeで死んだのは若松、竹内涼真が二役なのはなぜか テレビ・映画
この記事は約5分で読めます。

ドラマ「ビリーブ君にかける橋」での竹内涼真の衝撃の展開が話題を呼んでいます。

竹内涼真が演じた、物語の中で死んだ人物、若松の存在が重要な鍵を握っています。

この記事では、竹内涼真が演じる二役に注目し、若松の死が物語にどのような影響を与えるのかを考察しました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

ビリーブ君にかける橋1話で死んだ人

ビリーブ君にかける橋の第1話は、刑務所から始まり、キムタクお得意のチャラい部長、妻の天海祐希との洒落た掛け合いなど木村拓哉が演じた役柄総出で、勢いのある展開が楽しめました。

中でもドラマ中盤で、橋が倒壊し、作業員が亡くなるシーンは視聴者に衝撃を与えました。

1話で死んだ人は若松

1話中盤で、完成しつつあった龍神大橋の作業現場で死んだ人は、竹内涼真が演じる「若松」です。

若松は作業を請け負った業者(孫請け?)の社長です。

物語の初版では、工事を請け負った坂東組の社長・板東五郎(北大路欣也)と狩山陸(木村拓哉)の腕相撲対決の審判をやるなど、作業員の中でも目を引く存在でした。

木村拓哉と竹内涼真の関係は

ワイヤーがコンクリートから外れそうになっている事に一早く気付いたのが若松です。

若松がワイヤーの異変を知らせると同時に、狩山が作業員に避難するよう指示を出し、負傷者を非難させるなど、緊急時の連携が取れていて関係性は良いように思いました。

しかし、若松が経営する会社は多額の負債を抱えており、外国産の安い材料を発注し、差額を返済に充てる不正もしていました。

お互いが本当に信頼しあっていたか、と言えばそうではないように思います。

ネタバレや感想

ここでは、視聴者のネタバレ感想を紹介します。

・涼真くん、1話でいきなり死ぬなんて。衝撃過ぎて震える。

・刑務所スタートからの、理想の上司、作業現場事故って展開早すぎ。

・こんなキムタク見たことない。

・天海祐希とイチャつくところが、ロンバケにしか見えん。

・刑務官も社長たちも政治家もみんな怪しい。伏線バラマキ状態でどう回収するのか。

・政治家も出てきたぞ。大病院占拠のパターンか?

・出演者が豪華すぎて日曜劇場かと思った。

スポンサードリンク

竹内涼真が演じる二役の謎

竹内涼真の演技力が話題

建設会社の社長・若松

警視庁の刑事・黒木正興

この二役の演技は、ドラマのストーリーラインにおいて重要な役割を果たしており、視聴者に多くの疑問と興味を抱かせます。

彼が演じる二人のキャラクターは、見た目は同じでも、性格や背景が大きく異なることが竹内涼真の演技でわかります。

双子の兄弟の関係は

視聴者の間では「若松と黒木は双子の兄弟」だと、話題になっています。

しかし、番組ホームページを見ても「若松と黒木が兄弟」とは書いていません。

若松の死がどのようにして物語に影響を与え、他のキャラクターたちの運命をどのように変えるのか、その真相に迫ることは、視聴者にとって大きな魅力の一つです。

少なくとも、黒木は龍神大橋の事故について執拗に調べています。

  • 単なる兄弟愛なのか。
  • 龍神大橋建設に関係した人物に対して、何か恨みを持っているのか。

若松の死が物語に与える影響

竹内涼真が演じる二役は「ビリーブ君にかける橋」のカギを握る人物です。

特に、若松の死に関連する謎は、物語の展開において重要なポイントとなってくるでしょう。

  • なぜ多額の負債があったのか
  • 若松が社長とはいえ、一人で大企業をごまかせる帳簿や請求書を作成していたのか
  • いち早くワイヤーの異変を知らせることができたのは「強度が弱い」こと以外の理由があるにではないか
  • 死に際に「すみません」と謝ったのはどんな意味が込められているのか
スポンサードリンク

まとめ

コメント